はじめの一歩をもう一度フール―で観て仕事に前向きになれた

元々格闘技ファンで主にプロレスが好きでしたが、友人からはじめの一歩をかりてみていくうちにマンガにすいこまれるよにはまっていきました。

ストーリー的にはありがちかもしれませんがいじめられっこの一歩が鷹村と出会いボクシングに興味を持ちどんどんボクシングの虜になっていく内容なんですが、やはり1巻目ジャブだけで落ちてきた葉っぱを地面に落ちる前に拾う場面が私はすきです。

鷹村は一歩にあきらめさせる為にかした課題でしたが一歩は見事にやってのけました。

ジムに入門を許された一歩は釣り船屋の手伝いで鍛えた脚力と腕力を武器にどんどん力をつけ1戦1戦力をつけていきます。

私がこのマンガをみて感じたのは人間にはやはりライバルという存在が大いものだと感じました。

宮田一郎を始め一歩にはたくさんのライバルがいました。

その1戦戦う為にとてつもない努力をし死ぬことさえあるリングにあがるのです。

そしてこのマンガの面白い所はジムの仲間がとても楽しいという所でしょう。

鷹村・青木・木村・板垣・会長などのキャラクターも沢山いて見ごたえがあります。

特に鷹村は世界チャンピオンになり一歩はその背中を追いかけています。

やはり目の前にこういった人がいると練習の励みにもなるでしょう。

ビジネスの世界にも同じ事がいえると思います。目の前にバリバリ仕事をする人がいると自分も負けてられないと思う方も多いと思います。

個人的にはこれだけ努力をしてきた一歩が世界タイトルできればWBAを戴冠して終わって欲しいとおもいます、頑張れ一歩!

漫画もいいけど、私はアニメの主題歌や、パンチの効果音なども好きで・・・どちらも甲乙つけがたい感じです。ただ、フール―でももう一度大人になってからアニメを見て思うのは、主題歌は仕事する自分をやる気にしてくれるなと思いました。

音楽のチカラ、映像のチカラってありますよね。